STORY

平成30年10月。
La toile(トワール)は、香川県三豊市高瀬町下麻地区にたたずむ一日一組貸切の一軒宿として誕生しました。
築50年になるオーナの母方の生家をリノベーションしたもの。
オーナーが幼少期より呼びなれた地名「麻」を由来に、フランス語で「麻布」を意味するLa toileと名づけられました。

La toileが提案したい価値は「Moment de arome de the」
日本語になおすと「茶香と共に過ごす時間」
リノベーションによって古民家に命が吹き込まれるように、生産者が減る高瀬茶という文化に再度息吹を吹き込み、より身近に楽しんでほしい。
ミッドセンチュリーや北欧モダンを感じさせる空間で、気心知れた仲間や家族と薪ストーブを囲んでお茶を楽しんでほしい。
訪れた皆様にとって、そんな空間になることを祈ってLa toileは生まれました。


CONCEPT

La toileは、日本が高度成長期に入り始めた1950年代に建てられた、里山にたたずむ一軒家。
漆喰と土壁、木と鉄。
建物を構成する天然の材質の質感を活かしながら、いかに「50年」という時間の経過をいかにうまく取り込むか。
苦心の末たどり着いた答えが、アメリカンモダニズムの旗手、ルドルフ・シンドラーの代表作「シンドラーハウス」でした。

かの有名な建築家「フランク・ロイド・ライト」の弟子にして、数多くの有名建築を手がけたシンドラー
一見日本家屋かと見紛う「シンドラーハウス」は、木や土壁、土間や木戸を有し、一見モダン建築の旗手が手掛けた建物とは思いいたりません。
しかし、屋外との一体感や広いパティオなど、随所にモダンデザインの息吹を感じることができます。
それは、さながらアメリカの中に発現した日本家屋のようで、その実日本家屋とは異なる設計思想で建てられた、いわばモダンと日本文化の融合です。

1950年代という時代へのオマージュ、そして日本家屋とモダニズムの融合。
高瀬町下麻地区という、観光とはかけ離れた地域に現れた隠れ宿として、La toileは皆様をお待ちしています。